膣の引き締めで自信を取り戻そう|トレーニングと手術で改善する

女の人

手術でコンプレックス解消

レディー

女性は妊娠や出産などで体に変化が現れますが、膣の緩みもその1つです。出産後の膣の緩みは子供を産んだことではなく、妊娠中に胎児を支えるための筋肉が伸びたまま戻らないことが原因と言われています。この筋肉は骨盤底筋というのですが、お尻の穴を締めたり緩めたりする引き締めトレーニングをすると改善される可能性が高くなります。しかし、トレーニングの効果は人それぞれで、長く続けていても引き締め効果を実感できない女性もいます。そこで、クリニックで膣を引き締める施術を受けて、自分の体に自信を持ちましょう。クリニックで受けられる膣を引き締める手術にはプチ手術やレーザー、超音波などの種類があるため、体の状態に合わせて最適な施術を選ぶようにしましょう。

膣を引き締める手術で一番簡単な方法がプチ手術です。専用の注射を使って膣にヒアルロン酸やインプラントを注入していきます。中でもインプラントを注入した場合は半永久的に効果が持続するので、膣の緩みで悩むこともなくなります。また、ヒアルロン酸は元々体にある成分なので、注入後しばらくすると体内に吸収されていきます。そして、レーザーも引き締め手術の中では人気があります。メスを使わずに膣を縮小することができるので体への負担も少なく、安全性が比較的高いです。レーザー手術で使われる器具はクリニックごとい違いがあるため、施術を受けるなら違いを確認しておきましょう。さらに、超音波でも十分緩みを解消することができますが、まだ認知度が低く、導入していないクリニックもたくさんあります。